Menu
井上陽水・安全地帯 「夏の終りのハーモニー 」

8月が終わり、夏の終わりを感じると無性に聴きたくなる名曲「夏の終りのハーモニー」。
「夏の終わりのハーモニー」と間違えてしまいがちだが、「わ」が無く「夏の終りのハーモニー」である。
『今日のささやきと~』の出だしから、サビの『あこがれを~』まで情緒溢れる繊細なメロディーと、二人の艶やかな歌声が見事に調和して、心地よい気持ちになります。
また、「ああ、終わっちゃった…。もっと二人の歌を聴きたいな」と思わせる短めの曲に仕上がっているのも、より夏の終わりの寂しさを感じさせます。

本田美奈子 「1986年のマリリン 」

デビュー当初から歌のうまいアイドルとして評価されており、中森明菜同様アイドル界1の歌唱力があったと言われる。
っていた。
『ミス・サイゴン』でボイストレーナーを務めた山口琇也は彼女の第一印象を「ひたむきで献身的、愛情にあふれたキムそのもの」と語った

シブがき隊 「スシ食いねェ」

森の石松の浪花節に「寿司を食いねぇ」という台詞があり、この曲のヒントになったとされる。布川敏和曰く、当時Run-D.M.C.の影響で日本にラップが知られ始めていた時期で、ルームサービスで寿司を注文した際のメモ用紙をヒントに、シブ楽器隊のKUZUとともに名古屋のホテルにてお遊びで作った曲が元になっている。「ラップなら音程外す俺にも歌えるし、日本人でまだ誰も歌ってない!」という理由での挑戦だった。

チェッカーズ「Song for U.S.A.」

シングルとしては売野雅勇と芹澤廣明が、作詞・作曲・編曲に携わった最後の作品である。
1986年、初のメンバーオリジナルシングル「NANA」を発売。この曲はNHKで放送禁止になり、話題になった
中期(1986年下半期 - 1989年)・楽曲のオリジナル化とソロ活動の並行

美空ひばり 「愛燦燦」

「家族愛」のテーマに最も合致していると思われるひばりを希望した。当時のひばりは「歌謡界の女王」とも呼ばれていた芸能界の大御所であり、無謀とも言えるオファーであったが、ひばりがこのオファーを受諾したため、完成したのが本楽曲である。
『川の流れのように』と並んでテレビ・ラジオ等で多く取り上げられており、数多くの歌手によってカバーされていることもあって、ひばりの死後も代表曲のひとつとして全世代に親しまれている。



≪1986年(昭和61年)出来事=後期≫

11/01 和歌山で女性信者7人が、病死した教主の後追い集団焼身自殺。
11/15 三井物産の若王子信行マニラ支店長、武装5人組に誘拐。
11/15 伊豆大島三原山大噴火、21日全島民約一万人に避難命令。
11/18 日本航空のジャンボ貨物機が、アラスカ上空で巨大な球状のUFOに50分にわたり異常接近される。
11/22 マイク・タイソン、最年少のヘビー級王座に。
11/25 東京の三菱銀行有楽町支店の現金輸送車3億3000万円強奪事件。
12/09 ビートたけしとその軍団、講談社フライデー編集部に殴り込み。
12/19 伊豆大島島民全面帰島(~22)
12/21 日航機事故調査委「原因はボ社修理ミス」と最終結論。

●世相 地上げ屋暗躍/ダイアナフィーバー/財テクブーム/ビックリマンチョコ流行




 「リクエスト曲🎵」

宇多田ヒカル 「 First Love」

「First Love」はオリコンカラオケチャートで15週連続1位を記録。
2000年春の選抜高等学校野球大会の入場行進曲にも採用された。なお、この曲の中で「たばこ」という歌詞が出てくる事も有り、一部では採用に反対する声もあったという。
デビュー10周年記念企画として2008年3月10日より4日間、着うたの無料ダウンロードが実施されたところ、ダウンロード数が70万件を突破した。
発売から15年後の2015年9月23日には、ミュージック・ステーション30周年記念特番『ウルトラFES 2015』にてウルトラHDリマスター版として、当時の歌唱シーンが再びO.Aされた。
   
         みほさんリクエスト有難うございました m(__)m





スポンサーサイト
  • -
  • -