Menu
谷村新司 「昴-すばる」

1979年の「陽はまた昇る」を経て、1980年の「昴 -すばる-」で一定の完成をみる。1981年にはシングル「群青」が東宝映画『連合艦隊』の主題歌となる。
1981年8月23日、北京・工人体育館にて日中共同コンサート「ハンド・イン・ハンド北京」開催。中国におけるロック・ポップス系コンサートとしては、前年10月に工人文化宮で開催された「第一回中日友好音楽祭」に出演したゴダイゴに次ぐものだが、単独公演としてはアリスが初めてであった。

松山千春 「恋 」

主な代表曲に「大空と大地の中で」「長い夜」「君を忘れない」などがある。 1982年7月24日には札幌・真駒内屋外競技場にて5万人コンサート「大いなる愛よ夢よ’82」を開催。
1985年9月公開の映画『早春物語』の劇中で原田知世が歌うシーンがある。
投稿者 showakayoさん有難うございました。

オフコース 「さよなら」

この曲について小田和正は、「これまで以上に売れることを強く意識して書いた」と語っている。このシングル発売後から、オフコースはニューミュージックの代表的グループとして認知されることになる。小田は、原詩では“僕は思わず 君を抱きしめそうになる”としていたところを、間違えて“僕は思わず 君を抱きしめたくなる”と間違えて録音してしまったことを悔やんだという投稿者 -tremoniさん有難うございました

都はるみ 「大阪しぐれ」

1980年、「大阪しぐれ」で第22回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞。なお、当時の日本レコード大賞で大賞・新人賞(現・最優秀新人賞)・最優秀歌唱賞の三冠を達成したのは、都が初の快挙だった(その後細川たかし・北島三郎・氷川きよし・近藤真彦も日本レコード大賞・三賞全てを獲得)。
1984年3月、人気・実力ともに絶頂だった36歳において「普通のおばさんになりたい」と突然の歌手引退を宣言。この年の『第35回NHK紅白歌合戦』出場を最後に

海援隊 「贈る言葉」

武田が主演するテレビドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)第1シリーズの主題歌として使われ、レコード売上が100万枚を超えるヒットとなった。1980年12月31日の第22回日本レコード大賞では、この曲により武田が作詩賞(西条八十賞)を受賞。また同日、『第31回NHK紅白歌合戦』にも海援隊として、6年ぶり2度目の出場を果たした。



≪1980年(昭和55年)出来事=後期≫

08/14 富士山登山道で落石、死者12人。
08/16 静岡駅地下街でガス漏れ、爆発。14人死亡。
08/19 新宿駅西口で停車中のバス、ガソリンで放火され6人死亡。犯人逮捕。(新宿バス放火事件)。
09/11 埼玉県所沢の芙蓉会富士見産婦人科の乱診・乱療が判明。19日理事長より政治献金受領の斉藤厚相辞任。
10/05 山口百恵、日本武道館で引退公演。
10/22 長島茂雄が巨人軍監督を辞任する。
スポンサーサイト
  • -
  • -