Menu
山下雄三 「必殺仕掛人」

池波正太郎の小説『仕掛人・藤枝梅安』『殺しの掟』などを原作とした『必殺仕掛人』に始まる一連のテレビシリーズおよびその派生作品の総称で、金銭をもらって弱者の晴らせぬ恨みを晴らすために裏の仕事を遂行していく者たちの活躍と生き様を描く。主人公たちの多くは表向きはまともな職業についているが、ひとたび依頼を受けると各々の商売道具を使って裏稼業を敢行する。                                            

中村雅俊 「俺たちの旅」

1975年10月5日から1976年10月10日まで毎週日曜日に放送された。当初予定されていた放映期間は(半年)だったが高視聴率を獲得し続けた事から結果的に(1年)に放映期間が延長された。
物語は三流私学・修学院大学の学生カースケ、その同級生オメダと、同郷の先輩で早大OB・グズ六が中心に織りなす友情と青春群像を活写し、生きることの意味、悩み、喜びなどについて問いかける。

森田健作 「おれは男だ!」

劇中に当時の流行歌が多く使用され、人気歌手を始め若手、ベテラン俳優も数多くゲスト出演する。またレギュラー、準レギュラー出演者も多彩な顔ぶれであった。現在でも知名度が高い人気作品である。 1971年、日本テレビ系の青春ドラマ『おれは男だ!』に主演する。以来、青春映画・テレビドラマに多数出演。主役の森田健作は1971年、1972年、1974年のプロマイドの年間売上実績が男性部門で1位となった。現在は千葉県知事をされています。    

テーマ ナレーション入り 「Gメン75」

陽炎が立ちこめる中、メンバーが滑走路を横一列に歩く構図と各人のアップを映したタイトルバック(なお“75番滑走路”というのは存在し得ない。該当項参照)、バックに流れる菊池俊輔作曲の「Gメン'75のテーマ」(後述の通り後に変更)、そして芥川隆行による、「ハードボイルド Gメン'75 熱い心を強い意志で包んだ人間たち」のナレーションは視聴者に強烈な印象を与えた(市販のサントラにはこのナレーションは収録されていない)。

上条恒彦 「木枯し紋次郎 」

  原作者の笹沢は元来、紋次郎を田宮二郎をモデルにイメージしていたが[7]、「主役は新人で」という市川の意向により、元・俳優座の若手実力派で、準主役級の俳優として活躍していながら、一般的な知名度は必ずしも高くはなかった、中村敦夫が紋次郎役に抜擢された。
劇中で紋次郎が口にする決め台詞「あっしには関わりのないことでござんす」が流行語になった
                     投稿者 showakayoudoga
さん有難うございました 


      
スポンサーサイト
  • -
  • -