Menu

エルヴィス・プレスリー 「この胸のときめきを」「史上最も成功したソロ・アーティスト」として認定されている。1950年代に、アメリカやイギリスをはじめとする多くの若者をロックンロールによって熱狂させ、それは20世紀の音楽の中でも最大級のムーブメントを引き起こした。また、極貧の幼少時代から一気にスーパースターにまで上り詰めたことから、アメリカンドリームの象徴であるとされる。後に同じく世界を席巻したザ・ビート...

「特捜最前線 」東京総合ビル33階の一室に置かれた警視庁特命捜査課(通称「特命課」。架空の部署)に所属する刑事たちの捜査活動と人間ドラマを描く。各回で取り上げられる事件は「行方不明になった子供の捜索」から「特殊爆弾による爆破テロ」まで幅が広く、放送期間10年に及ぶ人気番組となった。「ザ・ガードマン」...

布施明 「青春とはなんだ=貴様と俺 」本作が始まる3ヶ月前に日活によって映画化(1965年7月14日公開)。野々村健介役は石原裕次郎だった。その後、番組の終了直後に本作と同じ東宝によっても、劇場版が『これが青春だ!』(1966年)のタイトルで製作、公開された。これは『でっかい太陽』、『燃えろ!太陽』(1967年)とシリーズ化された。放送開始して半世紀弱後の2015年8月16日にはBS-TBSで、野々村健介役の夏木陽介、松井勝子役...

  • -
  • -

ブルーコメッツ デビュー曲となる青い瞳(日本語盤)」が50万枚のヒットになった。このヒットの頃にザ・ドリフターズや内田裕也らとともにビートルズの日本公演に前座として出演。その際彼らはビートルズとは別のステージでメンバーの井上忠夫作曲のビートルズ讃歌「ウェルカム・ビートルズ」を歌った。ビートルズのメロディーやハーモニーを重視した曲作りは彼らを経て日本独特のグループサウンズへと受け継がれた。その後も「青...

  • -
  • -

 ゴールデン・カップス 「長い髪の少女 」 1967年8月26日、第31回日劇ウエスタンカーニバルに初出場。新人賞を獲得する。1968年3月10日、1stアルバム『ザ・ゴールデン・カップス・アルバム』を発売。1968年4月1日、3rdシングル『長い髪の少女』が発売。オリコン14位、35万枚のセールスを記録し一躍人気グループの仲間入りをする1968年7月8日、ビザの関係で伊東が一時活動休止(軍属であった父親が退職を決意したため)。吉野が加...

  • -
  • -

オックス 「スワンの涙」1968年5月5日、ついにデビュー曲「ガール・フレンド」が発売された。一方、ジャズ喫茶では、ステージ上の激しい動きから放心状態となり倒れ込む野口ヒデト、そして飛び乗っていたオルガンから転がり落ち気絶する赤松愛、そんな2人に触発されるかのように連鎖的に倒れていく残りのメンバー、というパフォーマンスを見せ、この前代未聞のステージにファンは熱狂、瞬く間にオックスの存在は女学生の間で大きな...

  • -
  • -

アン真理子 「 悲しみは駆け足でやってくる」日劇のダンサー兼コーラス員としてデビューの後、平岡精二クインテット等のソロ歌手となる。1966年、東京ヒルトンホテルのスター・ヒル・プラザに出演していたときに、出門ヒデと「ユキとヒデ」を結成。翌1967年デビューシングルをリリース。ユキとヒデとしての活動と平行して、ソロ歌手藤ユキ(ふじ ユキ)としても活動。前者デュオはポリドールだが、後者ソロではビクター所属であっ...

  • -
  • -

ジャニーズ 「マックザナイフ」ジャニーズ事務所から最初にデビューを飾った日本の男性アイドルグループである。便宜上、「初代ジャニーズ」「元祖ジャニーズ」と呼ばれることもある。1962年7月21日、日本テレビ『味の素ホイホイ・ミュージック・スクール』で木の実ナナのバックダンサーとしてレギュラー出演、芸能界デビューする。フォーリーブス  「オリビアの調べ」 投稿者 jrapaka3有難うございました。1970年にはブロマイド...

  • -
  • -

いしだあゆみ 「 ブル-ライト ヨコハマ 」実姉はフィギュアスケートグルノーブルオリンピック代表の石田治子、実妹は歌手の石田ゆり、石田ゆりの夫にあたる義弟は小説家・作詞家のなかにし礼。『ブルー・ライト・ヨコハマ』が1969年初頭から大ヒットし、150万枚の売り上げを記録[2]。NHK紅白歌合戦に1969年から1977年まで9年連続出場、1993年には16年ぶりに復帰し通算10回出場した。1977年の『青春の門 自立編』で報知映画賞助演...