Menu

小泉今日子「ヤマトナデヒコ七変化」9作目の『渚のはいから人魚』でオリコン週間チャート1位を獲得、33万枚を越える売上となった。明るくキュートな容姿が広く支持され、その人気は不動のものとなり、歌手活動以外にも、ドラマや映画に出演して一躍トップアイドルに躍り出た。2013年には連続テレビ小説『あまちゃん』に出演し、劇中歌「潮騒のメモリー」もヒットして話題となった。イモ欽トリオ「ハイスクール・ララバイ」日本のバ...

坂本九 「見上げてごらん夜の星を」                                   元々は、1960年に永六輔といずみたくが制作・公演した同名ミュージカルの劇中主題歌であり別のコーラスグループが歌っていた。1963年5月1日に、坂本九が東芝音楽工業(現:EMIミュージック・ジャパン)からシングルレコードとしてリリースすると大ヒットした。円宏志 「夢想花」1978年11月に行われた第9回世界歌謡祭で...

 弘田三枝子「人形の家」 歌唱力とパンチの効いた歌声で、「ポップスの女王」ともいわれ、その歌唱力は当時「日本女性歌手史上最高の歌唱力」とも評されていた。1969年、「人形の家」で第11回日本レコード大賞の歌唱賞を受賞した。               投稿者 prdlppさん有難うございました 奥村チヨ 「恋の奴隷~終着駅」蠱惑的な魅力と甘えたような歌い方でたちまち人気を集める。黛ジュン・小川知子とともに東芝3...

あなたのブルース「ミスティーボイス」と名づけられたハスキーでため息混じりの絶唱スタイルによる「あなたのブルース」が大ヒットし、この年の第10回日本レコード大賞新人賞(男性部門)、第1回日本有線大賞新人賞、第1回新宿音楽祭金賞を同時受賞。その後も1970年までに藤本作品の「真っ赤な夜のブルース」「蒸発のブルース」「うしろ姿」などを発表、作曲家 藤本卓也の独特の世界観を持つ曲を歌いこなし売れっ子の仲間入りをす...

ファンキーモンキー・ベイビーCAROL(キャロル)は、日本のロックバンド。1972年デビュー、1975年解散。約2年半という短期間の活動ながらも強いインパクトを残し、以降の日本のロックシーンに大きな影響を与えた伝説のバンドと称される。 1960年代から活動してきたロック・アーティストで、今日まで第一線で活躍してきたアーティストは矢沢永吉以外にいない。              「ルイジアナ 」「彼女は彼のもの~二人だ...

  アイ・ジョージ 志摩ちなみ「赤いグラス」<アイ・ジョージ> 演歌、ムード歌謡、ラテン、ポピュラー、民謡等幅広いジャンルの歌を類稀なる歌唱力で歌い上げるその姿は圧巻であった。さらに、この時代の人には珍しく、外国語の発音が完璧である。現在でも「ここまで完璧な発音で歌う日本人歌手はまずいない」 と言われていた。 ...

石原裕次郎&牧村旬子「銀座の恋の物語」<石原裕次郎> 大学在学中から、俳優を目指し東宝と大映、日活のオーディションを受けるも全て不合格。兄・慎太郎氏の推薦があって、慎太郎の芥川賞受賞作『太陽の季節』の映画化の端役で映画デビュー。その後は歌手・俳優として活躍し、主演映画が連続ヒットし、瞬く間に昭和を代表する日本最高のスターの一人となる。 span style="color:#0000ff">ヒロ&キーボー 「3年目の浮気」浮気...

フランク永井・松尾和子「東京ナイト・クラブ」 テレビの歌番組でも度々、オリジナル盤と同じフランク永井と松尾和子のデュエットで、何度も「東京ナイト・クラブ」が放送された。さらに円熟味を増した2人の歌声と、ベテランらしいテンポのよい「かけ合い」は、多くの視聴者をひきつけた。  都はるみ・岡千秋「浪花恋しぐれ」この曲は、戦前の上方落語界のスーパースター初代・桂春団治の破天荒な生き様とそれを影で支えた妻・...

                        谷村新司 「群青」              他の歌手への楽曲提供(山口百恵の「いい日旅立ち」など)を精力的に行う。アリスとは異なる音楽世界は、1979年の「陽はまた昇る」を経て、1980年の「昴 -すばる-」で一定の完成をみる。1981年にはシングル「群青」が東宝映画『連合艦隊』の主題歌となる。     原大輔 「冬の扉」          谷村新司  作詞・作...