Menu

山本リンダ (どうにもとまらない)         1972年(昭和47年)、キャニオンレコード移籍第2弾目のシングルレコードとして、当時の売れっ子作詞家・作曲家であった阿久悠・都倉俊一のコンビによる「どうにもとまらない」を発表。セクシーな大人の歌手にイメージチェンジして発表した同曲は大ヒットとなり、再びヒット歌手として脚光を浴びた山本は「アクション歌謡」の先駆けとなった。 フィンガー5 (学園天国)初...

  • -
  • -

 ア ド ロ    哀愁の低音で歌う 「アドロ」や「サバの女王」がミリオンヒット。 スサーナの独特の日本語 は、歌の持つ情感をいっそう深め、 私たちの心にまっすぐ響いてきます                              投稿者 showakayo有難うございました。 サバの女王幼い時からギターに関心を持ち、アンヘル・パラシオ、アルノルド・ピントに師事した。また、歌をミセス・アルバ・デ・ベリオンに師...

               ザ・ ドリフターズ  ( ミヨちゃん )                                 『8時だョ!全員集合』、『ドリフ大爆笑』、テレビ朝日『ドリフと女優の爆笑劇場』等の番組にゲスト出演した一流俳優、一流女優、アイドル歌手、演歌歌手までが、番組内では本来のイメージを越えた役作りやギャグをすることをバーチャルなお笑いドラマやコント出演としてファンからも許さ...

孝ちゃんのパパから リクエスト を頂きました亡き 奥様との大切な思い出の曲 ♪ です孝ちゃんのパパ からのコメント(了解済み) そのまま載せさせて頂きました。                                  うめまつり   『 北山杉 』                         僕たちは二人とも京都が大好きでした              しょっちゅう京都には出かけていま...

    森 昌子 ( せんせい )1973年(昭和48年)、松竹の『男じゃないか・闘志満々』で映画デビュー。同年、『としごろ』で主演に抜擢された。この年から開催された『ものまね王座決定戦』の初代チャンピオンとなる。1975年(昭和50年)、『花の高2トリオ・初恋時代』で初めて山口・桜田と共演。また、この年3〜4月に開催された、春の選抜高等学校野球大会(第47回)に『おかあさん』が入場行進曲に選ばれ、森もセンバツ大...

 ぴんから兄弟 (女 のみち) 1971年、ぴんからトリオの結成10周年記念(ぴんからトリオの前身の「スパローボーイズ」の結成から数えて)として彼らの自作曲であるこの曲を自主制作で300枚プレスし、有線放送で流したところ大きな反響があった。そして1972年、第一プロダクションの協力により日本コロムビアからレコード発売が決定すると爆発的なヒット曲となった。1973年のNHK紅白歌合戦でぴんから兄弟が熱唱した。 ...

山本コータローとウイークエンド(岬めぐり)岬めぐり 山本コータロー&ウィークエンド 投稿者 SandraClell山上路夫氏によれば日本各地の岬を歩きまわってできた総合的なイメージを基に書いたということであるが、三浦では三浦半島がモデルであると信じられており、山上路夫氏も「三浦の人たちに愛され、この歌は幸せですね」と述べている。また、京浜急行電鉄久里浜線三崎口駅の接近メロディとしても採用されているラッツ&スター...