Menu

              村下孝蔵   ( ネコ )            1983年、30歳にして発表した5枚目のシングル「初恋」は、オリコンチャートで最高3位を記録する大ヒットとなる。初恋」は村下がバラードとして作ったものを編曲家の水谷公生さんがテンポを上げてポップ系に編曲し、村下さんがそれを受け入れたことで完成をみた楽曲であった[              村下孝蔵 「ネコ」の...

 フォーク・クルセダーズ「あの素晴らしい愛をもう一度」 北山修が作詞、加藤和彦が作曲し2人の連名で発表した歌曲。1971年4月5日にレコード発売。1994年3月30日にはCDシングルも発売されている。「あの素晴らしい愛をもう一度」と誤って表記されることが多い。2002年のザ・フォーク・クルセダーズ(フォークル)新結成のときも「素晴しい」とクレジットされた。ジローズ 「戦争を知らない子供たち ジローズ」元々、歌詞が先に...

森進一  ( おふくろさん ) 1968年『第19回NHK紅白歌合戦』に初出場して以来、2015年(第66回)の紅白まで48回連続出場をしており、これは連続出場記録としては紅白歴代第1位の記録である。通算出場回数も北島三郎に次いで第2位。初めてトリを務めたのは、出場2回目である1969年(第20回)の「港町ブルース」で、白組におけるトリ歴代最年少記録を持つ。トリ通算出場回数は9回で、美空ひばり、五木ひろし、北島三郎(いずれ...

  田原俊彦 (ハッとして good ) 『哀愁でいと』で歌手デビュー、1980年代のトップアイドルとして活躍する。ダンスのうまさも手伝い、日本におけるダンスビートにのせて踊りながら歌うポップスの男性アイドルとしての存在を明確にした[6]。第22回日本レコード大賞・最優秀新人賞、第11回日本歌謡大賞・放送音楽新人賞などを受賞。その後も『教師びんびん物語』など、多くのドラマに主演するなど、俳優としても活躍した。 ...

 千賀かほる  「真夜中のギター」 鹿児島県大島郡知名町出身[1]。神戸市の高校を中退後、日本歌劇学校を経てOSK日本歌劇団に入団した。 1969年に「真夜中のギター」で第11回日本レコード大賞新人賞を受賞した。 近年[いつ?]は思い出のメロディー(NHK)など懐メロ型の歌謡番組に出演している。 日野てる子(夏の日の思い出)代表曲は1965年に発表した「夏の日の想い出」。ハワイアンとは全く違う、スローテンポで哀愁のこもっ...