Menu

 皆川おさむ ( 黒猫のタンゴ )                                       日本では1969年10月5日に皆川おさむのデビュー曲として発売された。日本語の詞を付けて邦題を「黒ネコのタンゴ」とし、小森昭宏が編曲した。たまたま皆川おさむの叔母である皆川和子が主宰するひばり児童合唱団に日本語版リリースのオファーが来たことから皆川おさむが歌うことになった。フィリップスからシン...

牧瀬里穂 東海「ホームタウン・エクスプレス(X'mas編)」のCMソングに使用されたことで知名度が上昇。1989年12月にはオリコンシングルチャートで、30週目のランクインで1位を獲得。そのため、発売から1位獲得までの当時の最長記録(6年6か月)、ベスト・テンに再チャートされた回数の最多記録など、変わった記録を多数持つ曲となった。深津絵里1986年(昭和61年)、東京・原宿で行われていたミス原宿グランプリ(コンテスト)に参...

「愛が止まらない」1989年、フジテレビ系ドラマ「追いかけたいの!」(1988年10月クール放送)の主題歌に使われた「愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜」が大ブレイク、同曲で第22回全日本有線放送大賞グランプリ(上期)を受賞。「涙をみせないで」二人はともに、ワニブックス社の雑誌『UP TO BOY』が開催したミス・コンテストであるミス・アップの入賞者(鈴木は第7代グランプリ、相田は第9代グランプリ。1988年にWinkを結成し...

  • -
  • -

「SAY YES 」高校の同級生同士で結成され、1979年にシングル「ひとり咲き」でデビュー。1980年に「万里の河」、1986年に「モーニングムーン」がヒットし、1991年に「SAY YES」がオリコンチャート13週連続1位を獲得し、ダブルミリオンを記録。1992年にはアルバム『SUPER BEST II』もダブルミリオンを記録し、アルバム年間1位を獲得。シングルでは「if」がミリオンを記録。「万里の河」1979年 - 8月25日、ワーナー・パイオニア(現:...

  • -
  • -

「スニーカーぶる~す」1979年TBSのテレビドラマ『3年B組金八先生』の生徒「星野清」役でデビュー。同じく生徒役だった田原俊彦、野村義男とともに「たのきんトリオ」として活躍。その後、1980年12月に「スニーカーぶる〜す」でソロ歌手としてデビュー。1980年代を代表する男性アイドルとして、『ザ・ベストテン』や『ザ・トップテン』などの歌番組を中心に活躍した。1981年、1983年のブロマイド年間売上成績で第1位を獲得。1987年...

  • -
  • -

「DESIRE」16歳の時に出場した日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生!』合格を機に、ワーナー・パイオニアとのレコード契約を締結。1982年にシングル「スローモーション」でデビューし、2枚目のシングル「少女A」がヒット。翌1983年には、「セカンド・ラブ」、「禁区」などもヒット。1980年代のアイドルとしては松田聖子と2強を争った。「Hit Single Collection ダイジェスト版 」「北ウイング」、「飾りじゃないのよ涙は...

  • -
  • -

「哀愁でいと」学園ドラマ『3年B組金八先生』に中学生役で出演が決まった時、共演の近藤真彦と野村義男は実際に中学生(当時15歳)であったが、田原はすでに18歳(放送中に誕生日を迎え19歳)で高校を卒業していたため、事務所側の意向もあり、1歳若く年齢を詐称。その年齢との辻褄を合わせるために、公式のプロフィールも「高校を2年一杯で中退」に変更しなければならなかった。この件については、後に歌番組の中で謝罪している。...

  • -
  • -

「 ノンストップ シングルメドレー LIVE 」「ぶりっ子」と言われるほどの可愛らしい仕草や容姿と高い歌唱力が人気となり、トレードマークであったヘアスタイルの「聖子ちゃんカット」や、新しいアイドルとしての生き方に関しても多くの話題を集めた。大宅壮一文庫創設以来の人名索引総合ランキングでは「松田聖子」が1位(2015年2月)となっており、2位の小沢一郎らを抑えて「日本の雑誌にもっとも頻繁に登場した著名人」とされて...

  • -
  • -

「初恋」1983年、30歳にして発表した5枚目のシングル「初恋」は、オリコンチャートで最高3位を記録する大ヒットとなる。「初恋」は村下がバラードとして作ったものを編曲家の水谷公生がテンポを上げてポップ系に編曲し、村下がそれを受け入れたことで完成をみた楽曲であった。水谷はかねてから須藤晃に「もうフォークにこだわらなくてもいいんじゃないか」と進言していた。「踊り子」 村下のデビュー4年目、6枚目のシングルA面の...

  • -
  • -

小坂明子 「あなた」1973年 第4回世界歌謡祭にて、自身の作詞作曲による「あなた」で最優秀グランプリを受賞。1974年 前年12月に発表したデビュー曲「あなた」が200万枚を超える大ヒット。第2回サンプラザ音楽祭では熱演賞グランプリを受賞した。年末にはNHKの『第25回NHK紅白歌合戦』にも出場した。なお、このとき指揮を務めたのは父の小坂務である[1]。 狩人 「あずさ2号」 1977年3月25日発売の『あずさ2号』でデビュー。...

  • -
  • -