Menu

パ-プル・シャドウズ(小さなスナック) 投稿者 prdlpp1968年の結成当時、グループ・サウンズ人気は既に下降線をたどり始めていたが、他のグループ・サウンズとは異なるムード歌謡的な曲調の「小さなスナック」の大ヒットを飛ばす。だがその後はヒット曲に恵まれなかった。その後メンバーの脱退・加入を繰り返し、1980年代には「今井久&パープル・シャドウズ」名義で活動した。ハワイアン的なムード歌謡風の曲調が特徴。今井のギ...

ピンキーとキラーズ (恋の季節)デビュー曲の「恋の季節」(岩谷時子作詞、いずみたく作曲)は発売直後からヒットを記録し、オリコンで17週間1位(歴代最高記録)となるミリオンセラーを記録し、270万枚[1]を売り上げ、「第10回日本レコード大賞新人賞」を始め、数々の新人賞を受賞し、第19回NHK紅白歌合戦では男女混成グループとして初の出場を果たした。また1969年2月、同名映画が彼ら主演のもとに松竹にて製作され、公開され...

  • -
  • -

                    鶴岡雅義と東京ロマンチカ日本の男性コーラス・グループ。ムード歌謡を代表するグループのひとつである。現在、オフィス・ダァグに所属。リーダーの鶴岡雅義が弾くレキントギターと三条正人や浜名ヒロシの甘いボーカルが人気を得た。 「君は心の妻だから」                                「君は心の妻だから」                   ...

  • -
  • -

城卓也 ( 骨まで愛して )1966年(昭和41年)1月、城卓矢と改名、心機一転して『骨まで愛して』をリリース、140万枚を売り上げる大ヒットを飛ばして有名歌手の仲間入りを果たす。同曲を原作に川内が脚本を書き、日活が渡哲也さんを主演に映画『骨まで愛して』を製作、城さんも本人役で出演し、同年7月9日に公開された。22歳の時、歌手を志して上京。流しのギター弾き・ナイトクラブの専属歌手など長い下積み生活を経て、1964年...

  • -
  • -

  「 チャンピオン 」 ーク界で有名だった立命館大学と同志社大学のOB三人組ウッディ・ウーの「今はもうだれも」のカバーヒットを契機に、オリジナル曲である「帰らざる日々」「冬の稲妻」「涙の誓い」「ジョニーの子守唄」「チャンピオン」「秋止符」「狂った果実」等のヒット曲を連発した。「秋止符」「遠くで汽笛を聞きながら」...

  • -
  • -

  「傷だらけの人生」 戦後派として登場し、甘さと翳りを兼ね備えた抜群の風貌で一躍トップスターに躍り出た。初期はその甘い表情でアイドル的人気を博したが、中年期からは任侠映画や戦争ものでみせた渋い魅力で、日本映画を代表する大スターとして長らく君臨した。また、独特の哀愁を帯びた声と歌唱法により、歌手としても人気が高かった。高倉健 「網走番外地」日本を代表する映画スターで、半世紀以上にわたり活躍してきた...

  • -
  • -