Menu

子門真人( およげたいやきくん )発売前の予約だけで30万枚に達し[6]、翌年1月10日時点で出荷枚数150万枚・予約待ち50万枚[3]、オリコン史上初のシングルチャート初登場1位・11週連続1位となり、現在までにオリコン調べで454万枚以上(オリコンにカウントされない売り上げを含めると、実際は500万枚以上[7]ともいわれる)のレコード・CDを売り上げている。海のトリトン本作は『宇宙戦艦ヤマト』以前に高年齢層に人気を博した作...

「圭子の夢は夜ひらく」幼い頃から浪曲歌手の父・阿部壮(つよし)[3]、三味線瞽女の母・竹山澄子(2010年に死去。享年80)[3]の門付に同行。旅回りの生活を送り、自らも歌った。旭川市立神居中学校卒業。勉強好きで成績優秀だったが、貧しい生活を支えるために、高校進学を断念[3]。17歳の時に岩見沢で行われた雪祭り歌謡大会のステージで歌う姿がレコード会社の関係者の目に留まり、上京。約1年間、初代林家三平宅に下宿する[4]...

  • -
  • -

 「長崎は今日も雨だった」1969年2月 『長崎は今日も雨だった』でメジャーデビュー。1967年9月 長崎市内のグランドキャバレー『銀馬車』の専属バンドとして結成。競合店『十二番館』の専属バンドは中井昭・高橋勝とコロラティーノで、『思案橋ブルース』で1年早く世に出た。「噂の女」1968年 佐世保のナイトクラブ歌手として頭角を現わしていた前川が、メインボーカルとして参加。自主制作した『涙こがした恋』や『西海ブルース』...

  • -
  • -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。