Menu

テレサ・テン (時の流れに身をまかせ)1974年、21歳の時に日本での歌手活動を開始する。すでにアジアのスターだった彼女は、アイドル歌謡曲路線の「今夜かしら明日かしら」により鳴り物入りで日本デビューを果たすが、売れ行きは思わしくなく、不発に終わった。そこで演歌歌謡曲路線に転向したところ、日本でのデビュー2作目となる「空港」が大ヒットする。第16回日本レコード大賞新人賞を獲得して日本でもトップ・スターの仲間...

  • -
  • -

「UFO」         第6弾シングルの「UFO」(1977年12月)もミリオンセラーを記録し、1978年末の「第20回日本レコード大賞」を受賞する。それまでピンクレディーのような“ディスコ・ポップス系”のアイドル歌手がレコード大賞を受賞した前例はなく、ピンクレディーのレコード大賞受賞はまさに“前代未聞の革命”であった。また『UFO』では、“地球の美女が異星人に恋をする”という阿久悠氏作詞の歌詞も、当時としては画期的...

  • -
  • -

 吉幾三 (俺ら東京さ行ぐだ~)            父は民謡歌手の鎌田稲一、9人兄弟の末っ子1952年11月11日に青森県で生まれる。1984年3月25日、千昌夫さんへ提供した「津軽平野」が発売。同年11月25日には千のプロデュースで発売された「俺ら東京さ行ぐだ」が大ヒット。1986年2月25日、自ら作詞作曲した「雪國」が初のオリコン1位を獲得。以後、発表楽曲をコミックソング歌手から本格的な演歌歌手へ路線変更し、現在に至...

  • -
  • -

石川さゆり「津軽海峡冬景色 」1977年、昨1976年に発売されたアルバム『365日恋もよう』からシングルカットされた「津軽海峡・冬景色」で、大ブレイクを成し遂げる。同年末のTBSテレビ系「第19回日本レコード大賞」歌唱賞や、フジテレビ系列「FNS歌謡祭」グランプリ(ほか最優秀歌唱賞・最優秀視聴者賞も獲得)など数々の音楽賞を受賞、さらに「第28回NHK紅白歌合戦」へも念願の初出場となった。ほか、同1977・翌1978年発売のシン...

  • -
  • -

藤圭子さん「圭子の夢は夜ひらく・命預けます」別居中だった夫は音楽プロデューサーの宇多田照實、娘は歌手の宇多田ヒカル。元夫はムード歌謡歌手の前川清。作詞家の石坂まさをと組んでヒット曲を連発。女性ハスキーヴォイスの先駆者・青江三奈とは異なる、ドスの効いた声が可憐な風貌とのギャップも相俟って当時の社会に衝撃を与えた。ファーストアルバム「新宿の女」は20週連続1位、間を置かずリリースされたセカンドアルバム「...

  • -
  • -

美空ひばり「 悲しい酒 」作詞石本美由起、作曲古賀政男による、美空ひばりの代表曲のひとつして知られている。 145万枚を売り上げるミリオンセラーとなる元々は、1960年に北見沢惇のために書かれた曲であったが、北見沢はこれ以前からヒット曲に恵まれず、酒や暴力で荒んだ生活からの再起をかけたこの曲もヒットしなかった。その後、北島三郎によるカバーも試みられたが、日本クラウンの発足に伴う同社への移籍で立ち消えとなり、...

  • -
  • -

村田英雄「 王将 」1961年11月に発売した西條八十作詞船村徹作曲の「王将」がミリオンセラーとなり、翌1962年に第4回日本レコード大賞特別賞を受賞。「王将」のヒットで、以前出した「無法松の一生」「人生劇場」なども相乗効果でヒット、人気を確立する。「王将」は1962年に三國連太郎&淡島千景主演(監督:伊藤大輔、脚本:伊藤大輔、東映東京)、1973年には勝新太郎&中村玉緒主演 (監督:堀川弘通、脚本:笠原良三、東宝)でそ...

  • -
  • -

森進一「命かれても」1968年『第19回NHK紅白歌合戦』に初出場して以来、2015年(第66回)の紅白まで48回連続出場をしており、これは連続出場記録としては紅白歴代第1位の記録である。通算出場回数も北島三郎に次いで第2位。初めてトリを務めたのは、出場2回目である1969年(第20回)の「港町ブルース」で、白組におけるトリ歴代最年少記録を持つ。トリ通算出場回数は9回で、美空ひばり、五木ひろし、北島三郎(いずれも13回)に次...

  • -
  • -

美川憲一 「柳ヶ瀬ブルース」古賀政男の指導を受け、1965年、「だけどだけどだけど」で歌手デビュー。デビューは青春歌謡路線であり、当時は男装・美少年キャラクターであった。青春歌謡路線で売出し中の美川にとって演歌である「柳ヶ瀬ブルース」を歌う事にかなりの抵抗があった。レコーディングの話が来た際、レコード会社に「歌いたくない」と断ったところ「歌えないのならお前はクビだ」と言われてしまう。「クビになるのなら...

  • -
  • -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。