Menu

                 テレサ・テン (時の流れに身をまかせ)             1974年、21歳の時に日本での歌手活動を開始する[2]。すでにアジアのスターだった彼女は、アイドル歌謡曲路線の「今夜かしら明日かしら」により鳴り物入りで日本デビューを果たすが、売れ行きは思わしくなく、不発に終わった。そこで演歌歌謡曲路線に転向したところ、日本でのデビュー2作目となる「空港」が大ヒットする。第16...

  • -
  • -

                   ピンクレディー  ( UFO )                        第6弾シングルの「UFO」(1977年12月)もミリオンセラーを記録し、1978年末の「第20回日本レコード大賞」を受賞する。それまでピンクレディーのような“ディスコ・ポップス系”のアイドル歌手がレコード大賞を受賞した前例はなく、ピンクレディーのレコード大賞受賞はまさに“前代未聞の革命”であった。また...

  • -
  • -

                    吉幾三 (俺ら東京さ行ぐだ~)                           父は民謡歌手の鎌田稲一、9人兄弟の末っ子1952年11月11日に青森県で生まれる。1984年3月25日、千昌夫さんへ提供した「津軽平野」が発売。同年11月25日には千のプロデュースで発売された「俺ら東京さ行ぐだ」が大ヒット。1986年2月25日、自ら作詞作曲した「雪國」が初のオリコン1位を獲得。以後、発...

  • -
  • -

                  石原裕次郎(夜霧よ今夜もありがとう)             大学在学中から、俳優を目指し東宝と大映、日活のオーディションを受けるも全て不合格。しかし1956年に、映画プロデューサー水の江瀧子と兄・慎太郎の推薦があって、慎太郎の芥川賞受賞作『太陽の季節』の映画化の端役で映画デビュー。その後、慶応義塾大学を中退して日活に入社。『太陽の季節』に続いて製作された、同じく慎...

  • -
  • -

  クレイジーキャッツ (だまって俺について来い)元々は「キューバン・キャッツ」の名で活動を開始したが、進駐軍のキャンプ回りをしていた際、演奏中に洗面器で頭を叩くギャグが大受けし、“You, crazy!”と言われたことから「クレージーキャッツ」に改名したとされている。渡辺プロダクション所属。数多くのバラエティ番組に出演し、コントを演じるようになってからコントグループと見られるようになってしまった。しかしな...

  • -
  • -

                         橋幸夫・吉永小百合 (いつでも夢を)                        日活の看板女優」として、浜田光夫と共に1960年代の日本映画界に一大旋風を巻き起こした。従来の男性アクション映画路線がマンネリ化していた当時の日活にとって、吉永・浜田コンビの純愛&青春映画路線は、新たな日活映画ファンの獲得と支持を集めた。特に、『キューポラのある街』、ベ...

  • -
  • -

  ( また逢う日まで ) 1971年、「また逢う日まで」「さよならをもう一度」「雪が降る」「愛する人はひとり」が次々とヒット、出身地・茅ヶ崎ではワンマン・ショー、大阪にて初のソロ・コンサートを開催する。2枚目のシングル「また逢う日まで」が売り上げ100万枚を突破、第13回日本レコード大賞大賞と第2回日本歌謡大賞大賞をダブル受賞する。日本レコード大賞を受賞した際に両手でVサインを、さらにトロフィーを持ち上げて...

  • -
  • -