Menu

 五木ひろし ( よこはまたそがれ )。「よこはま・たそがれ」はオリコン・シングル・チャートで、最高位1位、登場週数46週、65万枚に迫る売上げを記録(以下、文中のチャート・データはすべてオリコン・シングル・チャートに基づく)。第2弾シングルのマドロス演歌「長崎から船に乗って」も最高位4位、登場週数28週、45万枚に迫る売上げを記録。この年、第4回日本レコードセールス大賞男性新人賞を受賞。また「よこはま・たそ...

  • -
  • -

 (回転木馬(再建)フルバージョン)          1972年12月、オーディション番組『スター誕生!』で、牧葉ユミさんの「回転木馬」を歌い、準優勝20社から指名を受ける。 同番組への出演応募のきっかけは、同い年の森昌子さんがテレビで活躍しているのを見て自分も森昌子さんのようになりたいと思ったこと。 同番組では、審査員の阿久悠氏から「あなたは青春ドラマの妹役なら良いけれど歌手は諦めた方が良い」と言われる...

  • -
  • -

                  沢田研二 ( 勝手にしやがれ )           1967年2月5日にシングル「僕のマリー」でデビュー。セカンド・シングル「シーサイド・バウンド」で人気爆発、続く「モナリザの微笑」、そして「君だけに愛を」で一気にグループ・サウンズ (GS) の頂点へと躍り出る。とりわけ端整な美貌の持ち主である沢田は10代の少女を中心に熱狂的な人気を博し、一躍国民的アイドルとなった。1973年...

  • -
  • -

                  西城秀樹 デビュー映像・恋する季節                       。「ちぎれた愛」、「愛の十字架」が連続してオリコン週間チャートの第1位を獲得。絶唱型と言われる歌唱法を披露。『第15回日本レコード大賞』で初の歌唱賞を受賞する。1974年、「薔薇の鎖」でマイクスタンド・アクションを披露。「激しい恋」がオリコン年間チャートの第8位を獲得。「傷だらけのローラ」が...

  • -
  • -

野口五郎 ( 私鉄沿線 ) 1972年12月31日、第23回NHK紅白歌合戦において当時としては最年少(16歳10か月)となる初出場歌手に抜擢されて、「めぐり逢う青春」を歌う。1973年4月9日、「オレンジの雨」がオリコン週間チャートで初のベストテン入り。続く「君が美しすぎて」は第3位にランクされ、第24回NHK紅白歌合戦も同曲で出場。西城秀樹・郷ひろみと共に新御三家と呼ばれて、...

  • -
  • -

「有楽町で逢いましょう」日本レコード大賞では大賞を1回、歌唱賞を2回、特別賞を3回受賞している。NHK紅白歌合戦の常連出場者としても知られ、1957年(昭和32年)の第8回から1982年(昭和57年)の第33回まで連続26回出場し、現役出場時は島倉千代子と並んで最多出場者の記録を持っていた。昭和50年代以後も「おまえに」、「公園の手品師」、"WOMAN"(山下達郎作詞・作曲)などヒット作や話題作を送り出し、歌謡界には比較的珍しい...

                   越路吹雪 「愛の讃歌 」               、元宝塚歌劇団男役トップスター、シャンソン歌手、舞台女優。本名、内藤 美保子(ないとう みほこ)。旧姓の河野(こうの)より愛称:コーちゃん、コッシー。代表曲に『愛の讃歌』、『ラストダンスは私に』、『サン・トワ・マミー』、『ろくでなし』などがあり「日本のシャンソンの女王」と称された。              ...

  • -
  • -

 「空に星があるように」文学座に在籍して俳優業を開始、『バス通り裏』でデビュー。一方で音楽の才能も注目され、東海ラジオの番組『星に唄おう』のDJを務め、そのテーマ曲『空に星があるように』で、ビクター音楽産業から1966年に歌手デビュー。同年、『空に星があるように』で第8回日本レコード大賞新人賞を受賞。1966年、東映『893愚連隊』で映画評論初の新人男優賞受賞。1966年、ファーストアルバム『ある若者の歌』で芸術祭...

  • -
  • -