Menu

吉永小百合/橋幸夫 「いつでも夢を」この楽曲は第4回日本レコード大賞の大賞を受賞し、1962年、とりわけ高度成長期を象徴する楽曲となったほか、長い期間、日本国民に愛された楽曲として、人気を保っている。また、長年に渡り各番組で流され、この楽曲へのリクエストも多い。そのため、発売当時まだ出生していなかった年齢層でも「いつでも夢を」はよく知られている橋幸夫「霧氷」本楽曲で橋は第8回日本レコード大賞を受賞。橋は19...

  • -
  • -

布施明 「霧の摩周湖」1965年、「君に涙とほほえみを」でキングレコードからデビュー。その後も「恋」「霧の摩周湖」「愛は不死鳥」「積木の部屋」などがヒット。1969年、TBSテレビのドラマ『S・Hは恋のイニシャル』では俳優として主演した。1975年、シンガーソングライター・小椋佳より提供された「シクラメンのかほり」の大ヒット・ミリオンセラー達成により、第17回日本レコード大賞・第6回日本歌謡大賞・FNS歌謡祭での最優秀グ...

  • -
  • -

いしだあゆみ 「 ブル-ライト ヨコハマ 」実姉はフィギュアスケートグルノーブルオリンピック代表の石田治子、実妹は歌手の石田ゆり、石田ゆりの夫にあたる義弟は小説家・作詞家のなかにし礼。『ブルー・ライト・ヨコハマ』が1969年初頭から大ヒットし、150万枚の売り上げを記録[2]。NHK紅白歌合戦に1969年から1977年まで9年連続出場、1993年には16年ぶりに復帰し通算10回出場した。1977年の『青春の門 自立編』で報知映画賞助演...