Menu

ブルーコメッツ デビュー曲となる青い瞳(日本語盤)」が50万枚のヒットになった。このヒットの頃にザ・ドリフターズや内田裕也らとともにビートルズの日本公演に前座として出演。その際彼らはビートルズとは別のステージでメンバーの井上忠夫作曲のビートルズ讃歌「ウェルカム・ビートルズ」を歌った。ビートルズのメロディーやハーモニーを重視した曲作りは彼らを経て日本独特のグループサウンズへと受け継がれた。その後も「青...

  • -
  • -

 ゴールデン・カップス 「長い髪の少女 」 1967年8月26日、第31回日劇ウエスタンカーニバルに初出場。新人賞を獲得する。1968年3月10日、1stアルバム『ザ・ゴールデン・カップス・アルバム』を発売。1968年4月1日、3rdシングル『長い髪の少女』が発売。オリコン14位、35万枚のセールスを記録し一躍人気グループの仲間入りをする1968年7月8日、ビザの関係で伊東が一時活動休止(軍属であった父親が退職を決意したため)。吉野が加...

  • -
  • -

オックス 「スワンの涙」1968年5月5日、ついにデビュー曲「ガール・フレンド」が発売された。一方、ジャズ喫茶では、ステージ上の激しい動きから放心状態となり倒れ込む野口ヒデト、そして飛び乗っていたオルガンから転がり落ち気絶する赤松愛、そんな2人に触発されるかのように連鎖的に倒れていく残りのメンバー、というパフォーマンスを見せ、この前代未聞のステージにファンは熱狂、瞬く間にオックスの存在は女学生の間で大きな...

  • -
  • -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。