Menu

第1回 1959年水原弘「黒い花びら」作詞は永六輔、作曲は中村八大水原弘のデビューシングルにして代表曲のひとつであり、また第1回日本レコード大賞の受賞作品としても知られる。この曲で水原弘は1959年から始まった第1回日本レコード大賞を受賞した。また水原弘はこの曲で1959年の第10回NHK紅白歌合戦にも出場した。 投稿者 jrapaka3さん有難うございました第2回 1960年 松尾和子 & 和田 弘とマヒナスターズ「誰よ...

  • -
  • -

第6回 1964年青山和子「愛と死をみつめて」 作詞:大矢弘子、作曲:土田啓四郎1963年(昭和38年)12月25日、大和書房より刊行された。本書は160万部を売り上げる大ヒットを記録。また、1964年の年間ベストセラーの総合1位を記録した。難病で死に別れる恋人をテーマにした純愛映画としてはアカデミー作曲賞、ゴールデングローブ賞を受賞した1970年公開のアメリカ映画「ある愛の詩」が有名であるが、それより6年先駆けて公開されて...

  • -
  • -