Menu

中森明菜「飾りじゃないのよ涙は」11月には井上陽水から楽曲提供を受けた10枚目のシングル「飾りじゃないのよ涙は」をリリース。アイドルからシンガー、ミュージシャンへの転機となったこの楽曲は、1985年の同社年間チャートで6位を記録した。  「 悲しみにさよなら」 初期のバンドメンバー・進藤による命名という。他案に『危険地帯』も候補に上ったが、「ロック=危険(な音楽)」というイメージを連想させることが平凡なため...

  • -
  • -

井上陽水「いっそセレナーデ 」1982年、バックバンドを務めていた安全地帯がデビューし、1983年には自身作詞による「ワインレッドの心」をヒットさせる。さらに1984年には安全地帯に歌詞を提供した「恋の予感」、中森明菜に歌詞と曲を提供した「飾りじゃないのよ涙は」、そして自身の「いっそセレナーデ」がヒットする。12月10日付のチャートでは「飾りじゃ〜」が2位、「恋の予感」が3位、「いっそ〜」が4位と、陽水の手がけた作品...

  • -
  • -

岩崎良美 「タッチ 」アニメ『タッチ』の第1期オープニングテーマ曲。B面に収録の「君がいなければ」は同アニメの第1期エンディングテーマ。オリコンチャートは12位どまりだったが、1985年度の年間第39位にランクされ、岩崎自身最大のヒット曲である。1985年、20枚目のシングル「タッチ」が自身最大のヒット曲となり、年末に開催された『第27回日本レコード大賞』で金賞を受賞。翌1986年には「青春」が 選抜高校野球大会の入場行進...

  • -
  • -

小林明子「恋におちて」この曲はドラマ放映より1年も前に当時音楽制作会社に勤務していた小林明子がある歌手のために作曲したが、その歌手が引退してしまった。しばらくして偶然にドラマ関係者の耳に入り、湯川れい子が詞をつけ、歌手を誰にしようかと検討したところ、デモテープ用に歌った声がいい、と作曲者自身が歌うことになった、累計ではミリオンセラーを記録。                           投稿...

  • -
  • -

石井明美 「CHA-CHA-CHA 」1986年、テレビドラマ『男女7人夏物語』の主題歌「CHA-CHA-CHA」(イタリアのダンスグループ「フィンツィ・コンティーニ」 (Finzy Kontini) の楽曲のカバー)でデビュー。80万枚を売り上げ、オリコン年間シングルチャート1位になっている。翌1987年春の第59回選抜高等学校野球大会の入場行進曲にも採用された。1896 OMEGA TRIBE「君は1000%」 カルロス・トシキ在籍時のオメガトライブの代表曲である。19...

  • -
  • -