Menu

「アンコ椿は恋の花」芸能好きの母親が、はるみが5歳の時から日本舞踊とバレエを習わせ、6歳の6月6日から母親自ら浪曲と民謡を教え始める。洛陽女子高等学校の当時の学校長の話によればいきなり「歌手になります!」と言って中退したそうである。当時似たような若者は多く、そのうちの一人としか思っていなかったが大成功した。在学当時から歌ばかり歌っていて成績はかんばしくなかったと言われている。「涙の連絡船 」1964年、「困...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。