Menu

「赤いランプの終列車」『赤いランプの終列車』を吹き込んだ春日だったが、当時無名の自分が売れるわけは無いと、ヒットしなかった場合を想定して新聞社に入ろうと、履歴書まで書いていたという。曲が作られてから1年後の1952年に、『赤いランプの終列車』は発売され、50万枚[1]の大ヒットとなる。このことによって活動の場が広がる。「お富さん」...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。