Menu

 「雨の慕情」「舟唄」「港町絶唱」と合わせて哀憐三部作とされた。阿久悠氏によると、「舟唄」「雨の慕情」と徐々に評判を高めていき、最終的に「港町絶唱」で日本レコード大賞を狙うつもりであったようである。 だが結果的には「雨の慕情」が予想以上の大健闘を見せ、多くの音楽賞を受賞することとなった「若き時代の八代亜紀 」歌手活動だけに留まらず、画家としてもフランスの「ル・サロン」展に5年連続入選、日本の芸能人と...