Menu

「圭子の夢は夜ひらく」幼い頃から浪曲歌手の父・阿部壮(つよし)[3]、三味線瞽女の母・竹山澄子(2010年に死去。享年80)[3]の門付に同行。旅回りの生活を送り、自らも歌った。旭川市立神居中学校卒業。勉強好きで成績優秀だったが、貧しい生活を支えるために、高校進学を断念[3]。17歳の時に岩見沢で行われた雪祭り歌謡大会のステージで歌う姿がレコード会社の関係者の目に留まり、上京。約1年間、初代林家三平宅に下宿する[4]...

  • -
  • -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。