Menu

北島三郎 「北の漁場 」2010年3月4日、放送文化の向上に功績のあった人物を表彰する「第61回日本放送協会 放送文化賞」受賞が決定。3月29日には「北島三郎 特別公演」の名古屋・御園座公演千秋楽で「座長公演4000回」の大記録を樹立した。歌手活動については「僕はプロ。『さすがだな』と言われる限りは、80歳でも90歳でも(歌は)やっていきたい」と引退を否定、継続することを表明した竜鉄也 「奥飛騨慕情」3歳の頃に岐阜県吉...

  • -
  • -

チェリツシュ 「なのにあなたは京都にいくの」1968年、松崎好孝を中心に名古屋で結成。当初は4人組であり、1970年に松井悦子が加入し5人組となった。1971年に第一回全国フォーク音楽祭全国大会に出場していたところをビクターレコードにスカウトされる。1971年に「なのにあなたは京都へゆくの」でデビュー。1972年の「ひまわりの小径」から松崎、松井のデュオとなった。1973年に代表作「てんとう虫のサンバ」をリリース。この曲は...

  • -
  • -

 山下雄三  「仕掛け人テーマ 」必殺シリーズの第1作目である。当時の人気時代劇『木枯し紋次郎』に対抗すると同時に、新しい時代劇を作るというコンセプトの下に作られており、金を貰って、悪人を抹殺する者たちを主人公とする、当時としては異例な作品であった。これらの取り組みは功を奏して視聴者に受け入れられ、以後『必殺シリーズ』として、長く続くこととなる。上条恒彦 「木枯し紋次郎のテーマ」原作者の笹沢氏は元来...

 チョー・ヨンピル 「釜山港へ帰れ」1982年には日本でもデビューし、「釜山港へ帰れ」(CBSソニー発売)や「想いで迷子」(ポリスター発売)などがヒットした。1987年、『NHK紅白歌合戦』に韓国人歌手として初めて出場を果たし、1990年まで連続で出場した。2005年には韓国で活動する歌手として、イ・ミジャ以来2人目の北朝鮮での公演「チョ・ヨンピル平壌公演」を開催する[5]。冠二郎 「旅の終わりに 冠二郎(かんむり じろう、...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。