Menu

BORO 「 大阪で生まれた女」 1972年、箕面学園高等学校卒業後、日本声専音楽学院でジャズボーカルを学ぶ。その後上京しティーブ・釜萢に弟子入りするが、デビューできないまま大阪に戻り、ギターの弾き語りをしていた。1979年、再度上京し内田裕也のプロデュースによる「都会千夜一夜」でデビュー。8月に発表した2枚目のシングル「大阪で生まれた女」が大ヒット。彼の代表作となる。                      ...

 梓みちよ 「二人でお酒を 」1974年には床に座り込んで歌う「二人でお酒を」(作詞・山上路夫、作曲・平尾昌晃)が久々に大ヒット。同曲で第5回日本歌謡大賞・放送音楽賞、同年末の第16回日本レコード大賞・大衆賞をそれぞれ受賞し、また『第25回NHK紅白歌合戦』にも5年ぶり8回目の復帰出場を果たし、イメージ・チェンジを成功させた。一方、1971年7月から1978年2月まで『新婚さんいらっしゃい!』(司会・桂三枝)の2代目アシス...

あみん  「待つわ」1982年春、第23回ポプコンに「待つわ」で出場、5月16日の本選に進出、グランプリを獲得した。7月25日、「待つわ」で日本フォノグラムよりレコードデビュー。1982年唯一のミリオンセラー(102万枚)を記録した。あまりの有名さと分刻みのスケジュールで、大学の授業に出ると教授から「芸能人は来るな」と教室を追い出されたというエピソードもあった。同年12月31日には『第33回NHK紅白歌合戦』に出場した。WINK ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。