Menu

皆川おさむ「黒ネコのタンゴ見尾田みずほが日本語の詞を付けて邦題を「黒ネコのタンゴ」とし、小森昭宏が編曲した。たまたま皆川おさむの叔母である皆川和子が主宰するひばり児童合唱団に日本語版リリースのオファーが来たことから皆川おさむが歌うことになった。フィリップスからシングル盤『黒ネコのタンゴ』が発売されるとオリコンで14週連続1位を記録、シングルセールスは公称260万枚[3](資料によっては230万枚[4][5])の大ヒ...

  • -
  • -

三田明 「美しい十代」1963年10月にリリースされた歌手・三田明のデビューシングルである。三田の代表曲でもある。この曲は、当時は流行っていた青春歌謡を代表する曲で、タイトルのように清純な10代の学生の学園生活が描かれている。歌がヒットしたこともあって、翌1964年には三田出演で同名の映画が作られた。カルメン・マキ 「時には母のない子のように」寺山修司が主宰する劇団「天井桟敷」に新人女優として入団したカルメン...

  • -
  • -

いしだあゆみ 「 ブル-ライト ヨコハマ 」実姉はフィギュアスケートグルノーブルオリンピック代表の石田治子、実妹は歌手の石田ゆり、石田ゆりの夫にあたる義弟は小説家・作詞家のなかにし礼。『ブルー・ライト・ヨコハマ』が1969年初頭から大ヒットし、150万枚の売り上げを記録[2]。NHK紅白歌合戦に1969年から1977年まで9年連続出場、1993年には16年ぶりに復帰し通算10回出場した。1977年の『青春の門 自立編』で報知映画賞助演...

伊東ゆかり 「小指の想い出・恋のしずく」1960年代から1970年代に掛けて一世を風靡した和製ポップス歌手の一人。現在も現役歌手として音楽番組への出演やコンサート活動のほか、女優としても活躍中。ポップスを得意とした中尾ミエ、園まりと三人で“スパーク3人娘”を結成。『シャボン玉ホリデー』や『歌え!一億』に出演し、知名度を全国区にした。1967年にリリースした「小指の想い出」は爆発的なヒットとなり、その後も長く歌い継...

アン真理子 「 悲しみは駆け足でやってくる」日劇のダンサー兼コーラス員としてデビューの後、平岡精二クインテット等のソロ歌手となる。1966年、東京ヒルトンホテルのスター・ヒル・プラザに出演していたときに、出門ヒデと「ユキとヒデ」を結成。翌1967年デビューシングルをリリース。ユキとヒデとしての活動と平行して、ソロ歌手藤ユキ(ふじ ユキ)としても活動。前者デュオはポリドールだが、後者ソロではビクター所属であっ...

  • -
  • -