Menu

ビートルズ「イエスタデイ」世界中のミュージシャンに数多くカヴァーされており、ビートルズ活動時点で既に1,000を超えるカヴァー・ヴァージョンが存在し正確なカバー数は把握困難である。「世界で最も多くカヴァーされた曲」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている。英国BBC4が2012年に放送したドキュメンタリー番組 「ザ・リッチエスト・ソングス・イン・ザ・ワールド」にて音楽史上最も稼いだ10曲を選出しイエスタデ...

  • -
  • -

ショッキング・ブルー 「ヴィーナス」1967年~1974年に活動していた、オランダ出身のロックバンドである。1969年7月に、オランダで、「ヴィーナス」を発売、1970年2月7日のアメリカの「ビルボード(Billboard)」誌にて、週間ランキング第1位を獲得した。同誌1970年の年間ランキングでは第22位を記録し、ショッキング・ブルー最大のヒット曲となった。また、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ベルギーでは週間チャート1位を...

  • -
  • -

サイモン&ガーファンクル「サウンド・オブ・サイレンス」1965年に発売されたサイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)のシングルである。ビルボード(Billboard)誌では、1966年1月1日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1966年年間ランキングは第25位。アメリカ映画『卒業』の挿入曲として知られる。 ザ・ビートルズ「愛こそはすべて」「愛こそはすべて」(あいこそはすべて、"All You Need Is Love")は、1967年7月...

  • -
  • -

ベン・E・キング「スタンド・バイ・ミー」1950年代末のオレゴン州の小さな町キャッスルロックに住む4人の少年たちが好奇心から、線路づたいに“死体探し”の旅に出るという、ひと夏の冒険を描いている。アカデミー脚色賞、ゴールデングローブ賞作品賞、監督賞にノミネート。また、ベン・E・キングが歌う同名の主題歌はリバイバルヒットした。ザ・ビーチ・ボーイズ「サーフィン・U.S.A.」「サーフ・ジャム」は当時まだ16歳であったカ...

  • -
  • -

フランク・シナトラ「マイ・ウェイ 」フランク・シナトラのバージョンは1968年12月30日に録音され、1969年のはじめに発売された。アメリカでは総合シングル・チャートのビルボード・ホット100で27位、ビルボード・アダルト・コンテンポラリー・チャートで2位を記録し、イギリスでは40位以内に75週間もランクイン(1969年4月から1971年9月まで)する、とてつもない記録をつくった。75位以内ではさらに49週間もランクインしたが、最...

  • -
  • -