Menu

 フォーク・クルセダーズ「あの素晴らしい愛をもう一度」 北山修が作詞、加藤和彦が作曲し2人の連名で発表した歌曲。1971年4月5日にレコード発売。1994年3月30日にはCDシングルも発売されている。「あの素晴らしい愛をもう一度」と誤って表記されることが多い。2002年のザ・フォーク・クルセダーズ(フォークル)新結成のときも「素晴しい」とクレジットされた。ジローズ 「戦争を知らない子供たち ジローズ」元々、歌詞が先に...

ピンキーとキラーズ (恋の季節)デビュー曲の「恋の季節」(岩谷時子作詞、いずみたく作曲)は発売直後からヒットを記録し、オリコンで17週間1位(歴代最高記録)となるミリオンセラーを記録し、270万枚[1]を売り上げ、「第10回日本レコード大賞新人賞」を始め、数々の新人賞を受賞し、第19回NHK紅白歌合戦では男女混成グループとして初の出場を果たした。また1969年2月、同名映画が彼ら主演のもとに松竹にて製作され、公開され...

  • -
  • -

「レコ-ド大賞 1969 」第11回の大賞は、佐良直美「いいじゃないの幸せならば」に決定した。佐良直美は初の受賞。最優秀歌唱賞が新たに設けられ、歌唱賞がその候補としての位置付けとなった。この年からテレビ生中継による全国放送が始まる。また同年以降、全て鮮明なカラー映像の完全版VTRが現存されている。この年から2005年(第47回)まで12月31日開催に固定。以降のレコ大の顔となる高橋圭三が1983年(第25回)まで司会を務め...

  • -
  • -

エルヴィス・プレスリー 「この胸のときめきを」「史上最も成功したソロ・アーティスト」として認定されている。1950年代に、アメリカやイギリスをはじめとする多くの若者をロックンロールによって熱狂させ、それは20世紀の音楽の中でも最大級のムーブメントを引き起こした。また、極貧の幼少時代から一気にスーパースターにまで上り詰めたことから、アメリカンドリームの象徴であるとされる。後に同じく世界を席巻したザ・ビート...

「特捜最前線 」東京総合ビル33階の一室に置かれた警視庁特命捜査課(通称「特命課」。架空の部署)に所属する刑事たちの捜査活動と人間ドラマを描く。各回で取り上げられる事件は「行方不明になった子供の捜索」から「特殊爆弾による爆破テロ」まで幅が広く、放送期間10年に及ぶ人気番組となった。「ザ・ガードマン」...