Menu

中村メイコ 「田舎のバスで」 16歳の頃、雑誌社でアルバイトをしていた時に当時編集長格だった吉行淳之介に熱烈な恋をしたが、吉行は既に結婚していたため片思いに終わり、痛手に耐えかねてアルバイトをやめる。吉行淳之介の短編『水の畔り』(1955年)の描写「ある冬の日、冗談のように彼の両手でつつみこんだ少女の片方の掌を、乱暴に彼の外套のポケットへ投げこんだ…」に登場する少女のモデルは中村メイコだった[3]。その後、神...

  • -
  • -

春日八郎 「別れの一本杉」作詞は高野公男、作曲は船村徹による。二人は大学在学中に知り合い、コンビを組んで活動していた。当時二人は新人でこれといったヒットに恵まれず苦しい時代を過ごしていた。そのような中でいくつかの曲をキングレコードの春日八郎のもとに売り込みにいき、その中で目に留められた曲がこの「別れの一本杉」であった。曲は、ビゼーの歌劇「カルメン」のハバネラのリズムをヒントに書かれたものである三橋...

  • -
  • -

曽根史郎 「若いお巡りさん」1954年 ポリドールから『雪之丞変化の唄』で歌手デビュー。1955年 ビクターレコードに移籍。1956年 『若いお巡りさん』が歴史的な大ヒット。同年、同曲でNHK紅白歌合戦に初出場。紅白歌合戦には4回連続出場している(詳細は下記参照)。2008年 第50回日本レコード大賞で功労賞を受賞。島倉千代子 「東京の人よさようなら 」1955年3月(16歳)、本名「島倉千代子」で歌手デビュー。デビュー曲『この...

  • -
  • -

三橋美智也 「哀愁列車 」「三橋で明けて三橋で暮れる」と言われるほどの人気を得る。キングの全盛期を春日八郎・若原一郎と共に築き上げ、「キング三羽烏」「三人男」と呼ばれる。1974年からはカール(明治製菓(現・明治))のコマーシャルソングを担当し、1993年まで20年間にわたって使われた。1976年5月には帝国劇場で藤本義一脚本の舞台「津軽三味線ながれぶし」に出演し、山田五十鈴と共演。連日超満員の記録を作った。同年8月...

  • -
  • -

若山彰 「喜びも悲しみも幾歳月」繊維問屋を営む家に生まれ、不自由なく育つ。幼少の頃より歌好きであったが、旧・広島文理科大学在学中に出場した音楽コンクールで3位入賞を果たしたことで、本格的に歌の道を志し、武蔵野音楽学校へ入学し直す。1957年、映画『喜びも悲しみも幾歳月』の同名主題歌に抜擢、映画と共に主題歌も大ヒットし、一躍若山の名は知れ渡り、人気歌手の座を不動のものにした。この年から『NHK紅白歌合戦』に4...

  • -
  • -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。