Menu

カルメン・マキ 「時には母のない子のように」1969年に「時には母のない子のように」でデビュー。17歳とは思えないその妖艶な雰囲気と歌唱力、そして哀愁のある歌いっぷりが話題を呼んだ。「本当に親のいない子供にとっては残酷な歌」と言う批判の声があったものの、累計でミリオンセラーの大ヒット。この曲で第20回NHK紅白歌合戦への出場も果たす。ステージにはジーンズ姿で登場し、司会者に「ジーパンもステージ衣装になる時代...

  • -
  • -